なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「AGグレード 1/144 ガンダムAGE」組み立てました


 先日購入した「AGグレード 1/144 ガンダムAGE」組み立てしました!
 先日の記事でご紹介しましたように、このキットは、素手でパーツが切り離せる、色分けパーツの組み合わせで塗り分け再現、という、かなりのお手軽キットになっています。いざやってみるとこれは確かに速いですね。パチパチとパーツを切り離し、みるみるうちに組み上がります。

 そんな組み上がった「ガンダムAGE」について、見ていきましょう。ちなみに、単に組み立てただけで、スミ入れや部分塗装はしていません。

 まずはトップ写真から。

 顔の目の周りもパーツ分けで色分け再現。これは便利ですね。しかし、目の周りくらいは黒ペンで着色してもいいかも。
 両胸のダクトですが、一枚づつ独立した整形になっています。これは細密感が増しますね。

11112002.jpg

11112003.jpg


 全身の立ち姿です。このキット、間接の可動に関しては腕しか回転しません。思い切って割り切ったことで、逆に立ち姿は安定するわけで、ある意味潔さを感じます。

11112004.jpg

11112005.jpg


 ドッズライフルとシールドを装備。唯一動かせる腕を動かしてライフルを構えてみましたが、硬いポーズでもうひとつですね(笑)

11112006.jpg


 武装はビームダガー2本も附属してます。これは割り切って赤一色の整形。ポーズの取りようがないですね。

 ちなみに「ゲイジングバトル」対応で、チップが一枚附属しています。キットそのものの定価は630円とあまり安くないように思いますが、このチップ代金がかかってるのでしょうか?

 このように、プラモデルとしては、割り切りって立ち姿で飾るだけなら全然OK。可動を楽しみたければ、HGグレードを買えばいいのです。
 お手軽にそれなりのクオリティの組み立てができる、なかなか良いキットだと思います!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。