なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
「鉄コレ南海2000系「真田赤備え列車」」Nゲージ走行化を行いました!



 昨年、2017年の夏に購入した「鉄道コレクション 南海2000系「真田赤備え列車」」について、Nゲージ走行化の加工を行いました。
 以前の鉄道コレクションと同様に、今回も、商品指定の純正交換部品はあまり使わずにコストダウン仕様で行っています。使った部品は次のとおり。

 動力ユニット トミーテック TM-05R
 金属車輪 トミーテック 鉄コレNゲージ走行用パーツセット附属の金属車輪
 パンタグラフ カトー PT4806-B-M形(阪急用)
 ウェイト 鉛板(鉛テープ)
 中間連結器 KATOカプラー密連形A(グレー )
 先頭部連結器 密連形TNカプラー JC6324(電連1段付き)

18012802.jpg

 今回の製品も、ウェイトをはさむ部分の床板裏の仕切り位置が前後に広くなっていて、3ヵ所に分けて積むことができました。ただし、この車両はもともと車体長が短いので、全体的にもう少し重量が必要かなという気もします。

18012803.jpg

 金属車輪については、当初、カトー製の中空軸金属車輪に交換したのですが、台車から抜け落ちることがあったので、手持ちの車輌に付けていた、トミーテックの純正金属車輪と交換しました。カトー製の中空軸金属車輪とトミーテックの金属車輪それぞれについて、軸の全長を実測したところ、前者が4.0mm、後者が4.1mmと、少し長さが異なりました。この車輌のように、台車の成型状況によっては、前者ではゆるい場合が出てくるようです。

18012804.jpg

 中間の連結器はカトーカプラーで。鉄コレ製品付属のカプラーポケットにφ0.3mmの真鍮線で固定して、左右に首を振れるようにしています。

18012805.jpg

 動力車の台車枠については製品付属のものがないので、不要になるトレーラー台車から切り出したものを、強力両面テープで貼り付けしています。

18012806.jpg

 実車で難波側となる先頭車は増結可能とするためにTNカプラーに交換を、極楽橋側は、コストの関係で製品のダミーカプラーのままです。

18012801.jpg

 方向幕については製品附属のシールを貼りました。前面については、ガラスの内側から貼るために、切り出したシールをいったんクリアテープの粘着面に貼り付け、そのクリアテープを方向幕シールより少し大きく切り出して、ガラス内側に貼り付けています。

18012807.jpg

18012808.jpg

18012809.jpg

180128010.jpg


 各種加工をしてみて走行させてみると、やはりカッコいい車輌ですね!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック