なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
HGUCアッシマーできました(3)
NRX04421.jpg

 さあ、いよいよMA形態、つまり「空飛ぶ円盤型」を見ていきましょう。
 まずは横から。各パーツの固定はぐらつくこともなく、かっちりと決まります。ディスプレイスタンドに載せてご覧の通り。変形してこうなったとは思えない外観です。

NRX04422.jpg

 真後ろから。MS形態の時のバックパックは円盤の一部に取り込まれるため、このMA形態の時は脚の裏のバーニヤがメインの推進器になります。

NRX04423.jpg

 真上から。真円では無くて、多角形的な円盤になってます。MSの時のバランスを考えてのことなのでしょうが、私は特に気になりません。

NRX04424.jpg

 説明書には載ってませんが、原作で登場する、基地に格納時の「半MA状態」も再現することができました。脚をあんまり立てると付け根の部分が円盤部分にあたるので、これ以上直立させるのは難しいです。でもなんか、かわいい形やなぁ(笑)
 右上の、装甲が割れた赤い部分がコクピットになります。原作や映画を見てみると、ブラン・ブルターク大佐はこの状態で、ハシゴをかけてコクピットに乗り組んでいたようです。

NRX04425.jpg

 最後に、他のMSとの比較です。まずは味方のハイザックから。手持ちのティターンズ色で比較(ちなみに青い連邦軍用ハイザックは近々発売予定とのこと)頭一つ抜けた大きさです。

NRX04426.jpg

 次にガンダムマークIIと。散弾を装備したバズーカを持たせました。うむむ…大きさの差が無くなってきましたね。ちなみにこのマークIIはフライングアーマー付属のものです。

NRX04427.jpg

 そして、百式と。百式はマークIIよりもやや大きめなので、アッシマーとの差もさらに小さくなりました。


 ということでこれまで見てきましたが、この「HGUCアッシマー」、「差し替え無しの完全変形」はダテじゃありません! たいしたものです。MS状態ではもちろん、変形したMA形態でもカッチリ決まるのが素晴らしいです。

 ただひとつ残念なのは…大きさが意外と小さかったということです。原作ではロベルト中尉に「大きいだけで勝てると思うなっ!」と挑発されてますように、一般のMSよりも胸一つ出るくらいの大きさです。映画版で設定が変わったのかなぁ???
 プラモの説明書にある設定を見てみると…「マークII:高さ18.5m」「アッシマー:23.1m」となってます。4.6mの差、そんなもんでしょうか?

 いずれにせよ、1/144スケールで完全変形しかも形も悪くない。さすがアッシマー、侮れないキットです。
コメント
この記事へのコメント
おひさしぶりに参上・・・♪
一家に、1台アッシマーですか(笑)
案外、他のモビルスーツと大きさ変わらないのですね。アーケードゲームの機動戦士 Zガンダム エゥーゴvs.ティターンズでは、全然普通のMSよりアッシマーの方が、大きかったような…(汗)
謎…まぁいいぁ…うんじゃ、またね^^
2005/06/21(火) 20:47:56 | URL | 勘 #-[ 編集]
ぜひ一家に一台!
  勘さんお久しぶりです。

 そうですね。ゲームの中でも他のMSより頭一つ出る大きさです。映画版で設定が変わったのか…??真相は不明です。

 でもアッシマー単体で見れば良くできてますので、「一家に一台アッシマー」でよろしくお願いします(笑)
2005/06/21(火) 22:50:54 | URL | TGK #s6beKGts[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。