なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
賞金バス・こうやって作ってます


 マリーンズの試合の無い日が多くなってる今日この頃、「試合のない日はシャトルバス」と言いながら記事をアップしてるものの…製作ペースが追いつかず、ちょっとネタが切れそうになってきました(笑) とは言え、それでも行きますよ『マリーンズ賞金シャトルバス製作記』第7回目
 前回はイラストの状況をアップしましたが、今回はちょっと趣向を変えて、工具とか作業内容のご紹介をしましょう。

 現在の製作状況はと言いますと、先行して作っている1台に追っかけて、2台目3台目を作ってます。その車体加工についてなんですが、やはり一番よく使うのがカッターです。トップ写真はその2本。上は普通のカッター・下はタミヤのモデラーズナイフです。

 この普通のカッター、100円ショップなんかでも手に入るものですが、私の使ってるのはオルファのもの。細かい加工をキメるにはしっかりしたカッターが必要で、刃がきっちりホールドできてがたつきも少ないので気に入ってます。刃ははっきり言って消耗品です。切れ味が落ちれば、けちけちせずにどんどん折って使いましょう。このカッターで、プラ板からの切り出し・窓の切り抜き等、主要な作業のほとんどを行います。

 下のモデラーズナイフ。これはその名の通り、ナイフ的用途に使います。窓抜き作業の際、普通のカッターで大まかに切り抜いた後、このナイフで切り抜きラインギリギリまで削り込みます。窓抜きは、最後はヤスリを使って仕上げるのですが、ヤスリ取る部分を出来るだけ少なくしておくと作業が楽になります。



 次に、そのヤスリの写真です。上から順番に…
○幅広平ヤスリ:窓抜き作業のほとんどに使用
○3角ヤスリ:窓の角をきっちり出すのに使う
○極細四角ヤスリ:折り戸のスリット窓開口に使用
○薄型小型平ヤスリ:これも折り戸のスリット窓開口に使用
○丸針ヤスリ:角にRが付く窓の、R出しに使用
○丸ヤスリ:背面窓の上部、大きなRを出すのに使用

 と、このように、細かい用途に応じていろいろ使い分けています。模型製作において、細かい加工をきっちりきめるのに道具は重要だと思います。適材適所というか、上記のようにそれぞれのヤスリにもっとも適した使用法があって、その特徴を生かすのです。「弘法筆を選ばず」ということわざがありますが、それはあてはまりません。そもそも弘法じゃない我々小市民は、どんどん筆を選べば良いのですよ!



 これらのヤスリを駆使して加工しつつ、細かく寸法チェックをします。写真はダイヤル目盛り付きノギスです。これは大変便利です。窓の高さは7.0mmで設計しているので、あと0.3mm分削ります。我ながらなんて細かい作業なんだ(笑) まああくまでもこれは目安で、多少の誤差は全然OKなんですが。

 と、こんな感じで、ちまちま作業を進めてまいります。
 さあ、うまくできるかな?
コメント
この記事へのコメント
職人の部屋拝見みたいな気分ですw
棚の奥に手付かずのまましまってある、シャアズゴ144分の1とシャア専用ムサイを、思い切って制作してみようかと、ふと思いますたw
2005/09/09(金) 00:16:38 | URL | wall #6/PrHVm2[ 編集]
ダイヤル目盛り付きの
ノギスなんてはじめて見ました~(笑)。
道具見てるだけで楽しくなってきます^^。
2005/09/09(金) 00:19:23 | URL | ジョナサン #u3MRTyDc[ 編集]
0.3mmですか・・・。
いやはや、私には到底こなせる作業ではありません。
窓枠を平行に取っていくだけで神経が磨り減っていきそうです。
そんな私の作ったCDラックが平行四辺形に見えるのは言うまでもありません。
2005/09/09(金) 00:51:05 | URL | けーたろー #ZSnLGt4U[ 編集]
コメントありがとうございます
○wallさんこんばんは
 wallさんもガンプラお持ちなんですね。これをきっかけに、ぜひ製作をどうですか?(笑)

○ジョナサンさんこんばんは。
 普通のノギスも持ってますが、すばやく測るにはやはり目盛り式の方が便利です。これはほんとに重宝してます。

○けーたろーさんこんばんは
 0.3mmとなるとプラ板1枚分の厚さになるので、ちょっと気になる寸法になってしまいます。1/150という小スケールなので、その辺シビアになってくるんですね。ただ窓枠に関しては「正確な長方形にする」というのが一番大切なポイントになるので、そのための調整範囲と考えた方が良いかもしれませんね。
2005/09/09(金) 23:14:07 | URL | TGK #s6beKGts[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック