なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
賞金バス・窓ヒートプレス


 マリーンズにとって今シーズンの集大成=最後の9連戦が終了、明日からの、アジアチャンピオンに向けた新たなるスタートを前に、今日は久々に試合の無い日ですね。
 ということは…お待たせしました! 「マリーンズの、試合のない日はシャトルバス」 いつの間にか長期連載企画になってしまった『マリーンズ賞金シャトルバス製作記』第9回目、行きます!
 試合を見ながらちまちまと作業を進め、いよいよ佳境に入ってきました。先行して製作していた、上の写真中央「戦」タイプは車体の加工が終了、ついに次は塗装に入ることになりました。追って製作の「メッセージ」「誠」タイプは車体の組立て接着ができて、継ぎ目や屋根のR等を成型しています。

 前回悩んでいた前面窓ガラスは、結局0.5mm透明塩ビ版のヒートプレスで自作しました。その型がこれです。


 凸型はバルサ材から作成。車体内寸幅が約15mmなので、15mm幅の市販のバルサ材を使いました。表面はわずかにRを付け、角はかっちりと曲げたいので、わずかに角を取る程度に加工しました。「井」型の押し型は、平角棒を組み合わせて作っています。



 型が出来ればヒートプレス。適当な大きさにカットした透明塩ビ板を凸型に、ずれないようにセロテープで仮止め、ドライヤーで加熱します。しなっと変形してきたところで、井型で押さえ込み塩ビ板を曲げます。そのまま冷ませば出来上がり。


 この後、周りをカットしていき、車体前面の開口にぴったりはまるように成型します。



 はめてみたのがこの写真。仕上がりのほうは前面のゆるやかなカーブに予想外になじんでいて、とてもいい感じになりました。あと余談ですが、車体加工が終わったので、前後のバンパーも取り付けています。

 次はいよいよ塗装です。しかし塗装作業にはある程度まとまった時間が必要なので、いつできるかなぁ??

 さあ、うまくできるかな?
コメント
この記事へのコメント
段々出来てきましたね。
ヒートプレスって、ドライヤーで加熱するんですね。
2005/09/27(火) 00:49:14 | URL | wall #6/PrHVm2[ 編集]
 広い面積を加熱するので、ドライヤーが便利です。でも風で材料が飛んでいくことがあるので(笑)テープでの仮止めをしています。

 白1色の車体も、塗装をすれば劇的に変化しますので、ご期待下さいませ!
2005/09/27(火) 23:31:15 | URL | TGK #s6beKGts[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック