なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
賞金バス・塗装開始!


 「続・マリーンズ賞金シャトルバス製作記」第9回目! 「誠」&「メッセージ」タイプいよいよ塗装開始です!
 今週は、寒風の吹きすさぶ寒い日が続いて塗装のしにくい環境ですが、なんとか作業開始しました。

 まず塗装の下準備として、パーツの固定、すなわち持ち手の取り付けをします。車体は内側からマスキングしたうえで、内部にピッタリと納まる幅に切り出したウレタン材をはめて、それに持ち手の竹ひご+爪楊枝を刺します。屋上機器は厚紙に両面テープで貼り付け。各パーツの間隔はある程度空けておかないと、パーツ側面の塗装がしにくくなるので要注意です。床板は単にセロテープで持ち手にとりつけしておきます。

 持ち手にセットしたら、ウレタン材の土台に刺して塗装開始です。


 最初はダークアースから塗装開始。車内の床はこの色で、そして作業工程簡略化のために、車体も同じこの色で下塗りしました。次に、車体と屋上機器は白を塗り重ねます。まず第一段階はここまで。この次はマスキングをして青を塗ります。

 白は原色の光沢白を使っているので、塗装してみると車体の細かい傷とか凹みとかがよく見えるようになります。注意して表面仕上をしたつもりだったのですが… もっと綺麗に仕上げるにはサーフェィサーを塗布して再度ペーパーかけを行うと完璧ですが、まあそんなに致命的なキズでもないし、とりあえずの早期完成をめざしているので、このまま作業をすすめることにしましょう。
コメント
この記事へのコメント
むむむ・・・。
この爪楊枝と比べると、バスの精巧さがよりわかります。
このバスにあれだけ緻密に戦タイプのペイントを乗っけてしまうとは・・・ただただ恐るべし、です。
残りの過程も楽しみにしています。
2005/12/20(火) 03:08:59 | URL | けーたろー #ZSnLGt4U[ 編集]
 模型単独でアップの写真だと大きさがわかりにくくなりますから、確かに爪楊枝が写ってると大きさの目安になりますね。今度完成したら、何か比較になるものと一緒に写してみます。

 製作は鋭意進行中です。お楽しみに! (何とか今年中には完成させるぞ~!)

 
2005/12/21(水) 00:06:30 | URL | TGK #s6beKGts[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。