なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
「メッセージ」タイプ・ついに完成!!


 昨日に続き今日は、マリーンズ賞金シャトルバス・「メッセージ」タイプを、詳しく見ていきましょう!
 トップ写真は前面です。この「メッセージ」タイプ、車体は「戦」タイプと同じなので、顔は同じです。ただし昨日も書いたように、ナンバープレート・車体番号は実物に合わせてあるので異なります。それとこの角度から見てもわかるように、屋根上にクーラーが載っているのが異なる点です。



 次に左側面。アツいメッセージが溢れますね。大きく描かれた「26」のレタリング、この左側に白いスジが見えています。これは下地の白とその上に印刷するカラーの位置がごくわずかずれたためで、本来なら失敗プリントになります。しかし、何枚か印刷してもどれもこのようにずれてしまったし、このずれが文字の影みたいにも見えて立体的に見えるかなと思って、使うことにしました。



 今度は反対側から。ドアの配置の関係からか、レタリングの内容は同じでもその配置は反対面とは異なっています。大きな「26」の文字の左下が切れていますが、これは実物通りです。実物では他にもタイヤ部分で文字が切れている所があるのですが、この模型では切れないような配置にして印刷しています。



 続いて背面です。車体中央付近の文字は、かなり小さい文字になってしまうので、あんまり鮮明に印刷できてません。でもブレーキランプとかはきっちり印刷できていますね。



 最後に斜め上から、スケールと一緒に写してみました。設計上の全長は76.5mmなので、こんな感じです。レタリングの文字で小さいものは1mm以下の大きさになりますから、あんまりきれいに印刷出来ないのはやむを得ないところです。

 それと屋根上に注目。このタイプではクーラーに凝ってみました。メッシュをはめたのがいい感じですね。


 今回は「メッセージ」タイプを見てみました。次回は、勢揃いした「マリーンズ賞金シャトルバス」3種類を、いろいろ比較して見てみたいと思います!
コメント
この記事へのコメント
壮観です☆
年内に3台とも完成!おめでとうございます!!

本家で京成バスマリーンズバージョンチョロQ(マー君達のデザイン)が出てるのですが、TGKさんとこの精密モデルを見てしまうとかすんで見えます(笑)
もっとも賞金バスは完全にこちらのオリジナルですけどo(^-^)o
しかしすごい。すごいとしかいえない(笑)
2005/12/30(金) 21:38:50 | URL | ジョナサン #u3MRTyDc[ 編集]
素晴らしい!
こんにちは。
完成、おめでとうございます。
しかし素晴らしい!
私は実は大きさを勘違いしておりました。
倍ぐらいの大きさがあるのかと思ってたら...たった7cmあまりなんて。
なのにこの精密さ、脱帽ものです。
一度、実物を見てみたいものです。
2005/12/30(金) 22:00:55 | URL | yomikaki #-[ 編集]
完成披露、ありがとうございます!
素晴らしいです。特に爪楊枝との比較を見てから、ただただ恐れ入ります、という感じです。年内に3台完成を達成できて何よりです。

アップの写真で見るとそれなりの大きさを錯覚してしまうのですが、スケールが並ぶとやはり精密さが半端じゃないことがよくわかります。

本当にお疲れさまでした。
2005/12/31(土) 02:26:22 | URL | けーたろー #ZSnLGt4U[ 編集]
ありがとうございました!
 みなさん、ご協力と応援ありがとうございました!
 これでやっと年が越せます(笑)

 チョロQバスは各社から発売されてますね。基本的に中身は同じでシールを作り分けて出来てますから、原理的にはこの模型と同じと言えるかもしれません。しかし、もちろん、うちの方が完成度は負けてませんが(笑)

 模型というのは、大きいと作りやすそうに思えますが、逆に細部がよく見えるとそこに凝る必要も出てくるし、今回のように小スケールの場合、省略できる(=ごまかせる)部分は増えますから、一概に「小さい=難しい」とは言えない部分もあると思います。
2005/12/31(土) 16:44:40 | URL | TGK #s6beKGts[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック