なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
環状線用201系を見る


 本日は、大阪環状線201系の実物をちょろっと見てみましょう。
 製作を開始した当初は、ウェブ上で見た写真と情報をもとに計画を始め、その後実物を見て、写真を撮って、いろいろチェックして、製作につなげています。

 トップ写真は、青色のまま環状線を走っている編成。下の写真は、オレンジに塗り直されて走っている編成です。どちらも従来の7連にサハ1両を組み込んだ8連貫通編成です。

 青色の編成はなにか誤解を招きそうで、どうかな~? と思いますね。阪和線直通車と間違われそう。オレンジの編成はペンキ塗りたてのピカピカな電車で、色あせた白っぽい車輌が多く走っている環状線の中で輝く存在ですね。車内も綺麗なので、一見すると新車に見えます。一般の利用者の方々には「新車が入った」と思う人が多くおられるのではないでしょうか。


 さて、市販されている模型は、オリジナルの201系にをもとにしていますが、今回環状線に投入された「更新201系」は細部を見ていくとかなり手が加えられています。その内容というのは…

 ○戸袋窓を埋める
 ○雨樋の形状変更
 ○客用窓の新ユニット化
 ○前面窓ガラス形状の変更
 ○屋上通風機の撤去
 ○連結面扉の変更
 ○車両番号表記の変更

 といったところでしょうか。今回はキットを組み立てているので、これらの加工を施しながら作業を進めていくわけです。
コメント
この記事へのコメント
青色は…
京葉線そっくりですよ!
窓の固定は武蔵野線205系でもしていますしね。
103系から201系も感動しましたが、103、201系から205系は次世代だと思う衝撃を受けてしまう私は時代遅れなのかなぁ…(笑)
2006/01/13(金) 21:38:26 | URL | ふぃるめん #-[ 編集]
 関西での青色201系はそのうち消滅するはずなので、貴重な風景になりますね。

 確かに、205系は「当時の」次世代車であることは間違いないでしょう。大阪南部にも「現在の」次世代車、207とか321とか投入して欲しいものですね。
2006/01/15(日) 00:05:14 | URL | TGK #s6beKGts[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。