なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
これが「HGUCリックドム」だ!


 「HGUCドム」を換装して「HGUCリックドム」にしてみました。見ていきましょう!
 まずトップ写真。これはビーム・バズーカを持ったリックドムの姿です。このビーム・バズーカ、シャア専用リックドムが持ってたという話でゲームとかには登場してるようですが、映像作品中では登場していません。かなり長くて大きい武器です。


 順番が前後しますが、リックドムの後ろ姿です。背部ランドセル&バーニア、スカート、足の裏が交換箇所です。下の写真、ドムの後ろ姿と見比べると、その違いがお判りになるかと。





 バーニアは背中以外にもスカート下、脚下にもあります。それが見えるように下から写してみました。上がリックドム、下がドムの写真です。背中のバーニアが大型化し、足裏の形状が違うのがわかりますね。一方で、スカート下と脚下のバーニアは同じものです。


 最後に、ジャイアント・バズをわきに抱えてみました。右側から不意打ちを食らわされたイメージ?

 トップ写真もそうですが、宇宙空間での浮遊感を再現しようと、台座に取り付けています。股下に台座取り付け用のポリキャップがあるので、簡単に取り付けできます。トリプルドムセットの場合は専用台座が付属してますが、単体キットでは付属していません。でも他のキットのものと共用できるので、大きな問題はないでしょう。

 このように見てきましたHGドム&リックドム。その構造上、脚周りや胴体・顔はあまり動かせませんが、腕の可動・メインカメラの可動でいろいろ表現をつけることはできますね。プロポーション的にも申し分なく、たいへん好印象のキットだと思います。しかも塗り分け必要箇所がほとんど無く、素組で気軽に組み立てできるというのがまた良いです。

 長年、ずっと製品化されずに、今回満を持しての登場となっただけに、その出来は素晴らしいものだと思います。『一家に一台ドム and リックドム』 みなさんもいかがですか??
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。