なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
屋根はいつものパイピング


 大阪環状線201系。今回は屋根のパイピングです。
 車体の仕上げができつつあるので、屋根上最大の見せ場、パンタグラフまわりに配管類のパイピングを施して行きます。

 パイピングを始めるにあたってまず先に、着けるべき部品の位置を決めて仮に取り付けておきます。パンタグラフはKATOのPS16B、避雷器は同じくKATOのパーツ、妻面の縦といはプラ帯材を接着しています。器械や配管の位置・形状は、KATOの市販完成品のものを参考にしています。

 位置出しができれば、所定の位置に配管の台座として、縦といと同じプラ帯材を細かく切り出して接着しています。パンタグラフの台座は、プラ帯材を2段重ねに貼っています。台座を切り出す場合、同じ長さのものを揃えるのは難しいので、いったん接着してからカッターで切りそろえるのが楽です。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。