なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
連結面間隔の調整


 大阪環状線201系製作記。今回は、連結面の間隔を調整します。
 実物がどうなのか知りませんが、先頭車は中間車よりも約2mm程度、全長が長くなっています。だいたい前面の板厚分くらい。台車をそのまま使うと先頭車の向かい合った部分、4号車と5号車の間だけ連結面間隔が狭くなってしまいます。そこで、カプラーの柄を延ばして連結間隔を拡げる加工をします。

 加工する台車は軟質のプラ材でできているので、通常の接着剤は使えません。瞬間接着剤の「セメダインPPX」なら接着できるようですが…もしはずれたら困るのでそれは使わずに、他の方法を使うことにしました。

 実際の加工としては、トップ写真のように他の台車からカプラーの柄を持ってきて、2mm程度全長が長くなるように接続しました。接続する部品両側に、0.5mmの穴をあけ、0.4mmの真鍮線を通して両者を結んでいます。接続部分が多少いがんだり、長さも誤差がでやすいのですが、連結すればあんまり問題ないので気にしないことにします。

 当然ながら、どの位置で接続するかは注意が必要で、曲げた真鍮線が車軸や車体に触れないようによく確認しておきましょう。今回作業した部分だと問題ないです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。