なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
晋吾の好投で粘り勝ち


 札幌ドームでの第2戦。その結果は…
 『ファイターズ●2-3○マリーンズ』
 この日はエントリーをアップできなかったのですが、今年はマリーンズの全試合について「擬似スコアボード画像」を作りたいなと思ってるので、時間をさかのぼり、アリバイ記事アップしておきます。

■小野晋吾:先週と同様、晋吾らしい打たせてとるピッチングで、内容もよかったのではないでしょうか。大阪ドームでの登板内容はダメダメでしたが、その他の試合ではきっちり投げてて信頼できますね。

■4番里崎:サトらしい狙いすましたような右打ちでタイムリー2本。おみごと!あんまり意識してませんでしたが、4番起用時の打率って良い数字らしいですね。

 先週は10回無安打というすばらしい投球をしたルーキー八木が先発ということで、また波に乗られると厄介かな~というところ。初回から西岡のヒットを皮切りに先制点を奪い、常にリードして終始マリーンズのペースで試合をすすめました。

 正直言って点はそんなに取れてないのですが、投手陣も良く踏ん張ったということでしょう。 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日は晋吾のナイスピッチングにつきます。打線の方は初回こそあっさりと2点を取るものの、その後八木を打ち崩せそうで、でもなかなかつながらない歯がゆい展開でした。里崎の8回のタイムリーはうれしかったですね。本日の小林雅英木元  セカンドゴロ田中賢 ....
2006/04/23(日) 21:58:45 | りょうまんのマリーンズ観戦日記

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。