なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
車体塗装開始!


 大阪環状線201系製作記。いよいよ塗装に入ります!
 また間があいてしまいましたが… 実物の方は本数も増え、今や103系と半々くらいまでの勢力になってきています。実物に乗る機会があるたびに「早く完成させるぞ!」とやる気はアップするんですが、作業はなかなか進まず… とぼやいていても仕方ないので(笑)本題に入りましょう。

 車体を中性洗剤でよく洗浄し、すすぎ、乾燥させた後、塗装に入ります。

 まずはクレオスの灰色9号にシルバーを微量混ぜたものを下地塗装として吹き付けします。わざわざシルバーを混ぜたのは隠蔽力アップと、車体の傷を見つけやすくするためです。ひととおり吹き付けが済めば、目立つキズとか、穴が完全には埋まってないところとか、手直しが必要な箇所をチェックして、手直しすることにします。

 細かい手直しには溶きパテを使っています。少量塗り付けて乾燥後、ペーパーかけして仕上げます。それと、幕板部分・雨樋の側面を斜めに削ります。この雨樋を削る作業は、綺麗なラインを出すのに気を使うので、下塗りをして見やすくなった状態で削ることにしました。下の写真のように、削った部分はプラの地肌が露出するので、どこまで削ったのか見やすくなりますね。



 ということで、下塗り&手直しが終われば、削りかすを除去するためにもう一度水洗いして乾燥させ、次の塗装に備えます。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。