なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
スペースシャトルいよいよ仕上げに!


 いつのまにか長期連載企画となってしまった、スペースシャトル製作記の続きです!
 昨日、日本時間の7月17日・22時14分、ディスカバリー号は無事帰還を果たしました。模型を作っている関係上私も気になるので、「NASA TV」でライブ中継を見ました。世界のどこからでも中継が見られるなんて、便利な世の中になったものですね。

 ちなみに、このNASAとかJAXAのHPには、シャトル関係の画像も大量にアップされているので、模型製作には大変役に立ちます。それに模型自体も細かい部分まできっちり再現されているので、シャトル各部を知るのにとても参考になります。「どこどこの断熱材が剥離した」とかいうニュースを聞いても、だいたいどのあたりのことなのか理解できますし。

 余談はさておき、塗装の続きです。黒を塗ったあと、またマスキングして、前回間違えた白色と、翼前部のグレーを塗りました。グレーに関しては車体先端の鼻先部分も塗るのですが、こちらは曲面主体でマスキングが難しいのと小面積だということで、筆塗りにしました。

 車体の塗り分けができれば、墨入れとデカール貼りです。

 今回墨入れにはコピックの極細を使いました。使ったのは0.03mmの黒とウォームグレー、黒は表現がキツいので特に深い溝の表現に使い、その他大部分にはグレーを使っています。このペンはペン先がかなり細く、細い線が書けますし、書きすぎた部分も指でふき取ったりできますから、なかなか使いやすいものですね。

 次にデカール。これが今日のトップ写真です。基本的にはキット付属のデカールを所定の位置に貼っていくのですが… 「NASA」のマークについて。これは付属のデカールでは文字のロゴマークですが、現在の実物のシャトルではNASAのロゴマークが貼られているようです。ここまできてせっかくですので、このロゴマークを自作してみることにしました。

 自作デカールはいつものとおり、WAVEのクリアデカールにALPSのMDプリンタ(インクリボン式)で印刷して作ります。イラストはHPから取ってきた画像を下絵として、イラストレーターで作画。貼り付ける際の大きさを考慮して、細かい部分は多少アレンジしています。その自作したイラストが下の写真です。



 こんな感じで、作業を進めていきます…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。