なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
スペースシャトルついに完成!


 「1/200スペースシャトル」ついに完成しました。
 去年の3月から製作を開始、約16ヶ月もかかってようやく完成です。まあ正味16ヶ月かかったのではなくて、途中かなりの中断期間を含んでいますけど…(苦笑)

 私の場合、模型を作るにあたっては何かしらの「高いモチベーション」が必要で、それは実物そのものを見たり、その映像を見たりすることによって補われていきます。もしくは、このシャトルの場合は「打ち上げ日までに仕上げよう」というように、日程的な目標がないとだめなんです。これは何をするにもあてはまるかもしれませんけど、「やる気を出す」ということは、物事を進めるにあたって重要なことですね。

 ということで、何回かに分けて、順番に見ていきましょう。

 まず今回は打ち上げ前の状態から。

 このキットの場合、打ち上げ体勢で展示できるように、発射台も付属しています。外部燃料タンク・固体燃料ロケット・オービターを組み立てて垂直に立てた場合、重心はオービター側にありますから、写真のように翼下部の柱で押さえられて立つことになります。

 トップ写真はその立ち姿です。外部燃料タンクは高さ25cm程度ありますから、結構大きなモノです。色については、実物はもっと黄土色っぽい印象なので調色してみたのですが…なかなかいいものができず、結局「艦底色」そのままにフラットベースを混ぜて塗りました。


 続いては真上からの写真です。なかなか迫力の写真を撮るのは難しいですね…


 次は横から。外部燃料タンクとオービターの接続ステーは説明書の通り白色で塗りましたが、ちょっと目立ちすぎますね。現在の実物を見ても白色では塗られていないようで、手間を省いて「艦底色」一色で塗ってしまってもよかったかなと思ってます。

 固体燃料ロケットは、黒色の縞が入ってます。これはマスキングして、水性塗料のつや消し黒を筆塗りで塗っています。


 最後に、先日の記事で書いた、自作デカールのアップです。翼と車体のこの部分に、NASAマークが貼られます。それと翼の先端部分はこの写真のように、グレーで塗り分けられています。

 今回はここまで。実は写真がうまく撮れなくて、難航しております(笑) それなりに写真が撮れたら、第2回目とまいります!!
コメント
この記事へのコメント
カッコイイ・・・
トップ画像見て撃沈です。
サイドからの画像も、影の具合が良いですね。やはりプラスチックですと質感の違いは難しいものなんでしょうか?
ウチもザクを撮ってみたりしましたが、「軽い」んですよね。「デカイものの重量感」が画像に表せません。

それと提案ですが、発射台を自作されてみては・・・とは無茶ですか?
2006/07/23(日) 23:57:20 | URL | けーたろー #ZSnLGt4U[ 編集]
できました!
>けーたろーさん

 写真を撮るのはいつも苦労してまして… 露出を変えたり、ライトの位置を変えたり、広角やら望遠やら… とにかく枚数を撮ってから一番マシなものを選んでいます。気に入った一枚が撮れるまでとにかく枚数を撮るのが、我々アマチュアのやりかたかなと思ってます。

 シャトルの発射台は、写真に写ってるキット付属のモノがそのものみたいなんですよ。この自立した状態で組み立てられ、キャタピラで自ら移動して所定の位置にセットされてるようです。打ち上げ時の横に見られる鉄塔とかは… かなり大規模なのでちょっと…(笑)
2006/07/24(月) 23:02:59 | URL | TGK #s6beKGts[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック