なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
モンブラン・マスキングをします!


 『サラミス改・モンブラン製作記』 その12回目!
 前回の続きで、マスキングをします。
 色の選択には失敗したのですが、いざマスキングの段階になって、それが怪我の功名というか、段取り上ではあながち失敗とは言えないことに気付きました。それはマスキングのしやすさについてです。もとは淡い緑をマスキングして濃い緑を吹き付けるつもりだったのが、逆になったことで、かえって作業効率がアップしました。

 何がどうやりやすくなったのかというと、淡緑側マスキングの場合は塗り分けラインに折れ線が多い一方、濃緑側マスキングにすると直線の多い塗り分けラインになります。ですので、マスキング作業効率がアップするのです。



 マスキング作業の実際のコツとしては、まず最初にテープを幅2~3ミリ程度の細い帯に切り出して、それで塗り分けラインを押さえていきます。幅の細いテープの方が取り回しがしやすいし、少々の曲線でもテープがなじみやすいです。この細い帯で境界線を押さえた後、その中に大きめのテープを貼ってマスキングしていきます。

 それと塗りわけラインは斜め上からはわかりやすいのですが、主砲の下あたりは劇中でも描かれる機会があまりなく、どうなっているのかわかりにくい部分です。そこでTV版原作やら劇場版やらネットやらでいろいろ探した結果、なんとかラインがわかりました。その主砲下はこんな感じです。




 このマスキングという作業は手間も時間もかかるもので、この写真のように塗装可能の段階にくるまで3時間近くかかってしまいました。でもこの作業は塗装の仕上がりに大きく影響するものですから、根気よく作業しましょう。

 マスキングができれば、問題の淡い緑を塗装します。結局使用した色は、HGUCザクII用の淡い緑ガンダムカラー「グリーン10」をベースにして、そのままでは白っぽすぎるので、これに「ロシアングリーン1」を適宜混ぜたものを使いました。今度はイメージに近い色になるはずです! そう信じて塗装しましょう。

 さあ、うまく完成するかな? 次回はいよいよ完成した姿をアップできると思います!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック