なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
「大佐、いけません!!」


 HGUCシャア専用ゲルググの組み立てができたので、ごく簡単に見てみましょう。
 前回も書きましたが、このキット発売から約2ヶ月。すでに旬な時期は逃した感もありますし、キットそのものについての言及ではなくて、とりあえず私自身が再現してみたかったシーンで写真を撮ってみました。それが今日のトップ写真です。

 かの有名な?ファーストガンダムでも屈指の名シーン、「ガンダム+コアブースター×ゲルググ+エルメス」という、ニュータイプ四つ巴の図から。ゲルググのシャアが、セイラが乗っていると気づかずにコアブースターに斬りかかり、それをララアが止めたという場面ですね。

 正直申して、このシーンを再現するためだけに、わざわざコアブースター006号機を作ったというわけです(笑) このシーンを臨場感を持って再現するためには、コクピットのセイラが見えるように作らねばなりません! コクピットクリア化改造のおかげで、きっちり乗っているのが見えますね。

 写真の構図的にはもうひと工夫欲しいところですが… まあその雰囲気は、少しは再現できたかな?


 それと、以前のコアブースター製作記事で、005号機と006号機の乗員について勘違いしていたと書きましたが、原作を見直してみると「005号機=スレッガー機・006号機=セイラ機」が正解ですね。宝島社出版の「僕たちの好きなガンダムDX」の記事を読んで勘違いしていたと思ったのですが、どうやら記事の方が間違えてるみたいです。


 以下はおまけ写真です(笑)



 ビームライフルを両手に構えて迫ってくるゲルググ。劇中ではこの格好で突進してくるパターンが多かったように思います。しかしなぜ、シールドを使わないんでしょうかねぇ?


 最期に、ガンダムとの比較です。大きさが一回り違いますね。

 
 ということで、ようやく「ゲルググ×コアブースター」のシーンを模型で見ることができました。やれやれ(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック