なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
速いっ!新型かっ!?マラサイだっ!
 ということで、全国1億2千7百万人「マラサイ」ファン待望の新製品!「HGUCマラサイ」発売されました。私も楽しみにしてたモノなので当然購入、コアブースターを横へ置いといて…こちらを仮組みしてみました。

20050123200500.jpg

 このキット、設定画より頭部が小さくなってるらしいですが、全体のバランス的には特に違和感は感じません。定価1470円とちょっと高めになってるのは、各部のパーツが結構細かく分けられているからでしょうか? 例えば左肩のスパイク3本なんかも別パーツでシャープに再現されています。脚周りも曲面パーツが何層にも分かれていて凝った成型です。

20050123200514.jpg

 長年、多くのファンからリニューアルキット化が待望されてきたこのマラサイですから、バンダイさんも気合い入ってるみたいですね~

20050123194153.jpg

20050123194204.jpg

 このモデルの大きな特徴としては、ビームライフルの両手持ちが楽に出来ることでしょうか。それは、HGUCガンダムで採用され始めた「肩間接の前方せり出し」ギミックが搭載されているからです。コレは実にいいからくりで、他のキットにもどんどん採用して欲しいものですね。

20050123200559.jpg

 ビームサーベルはクリアパーツが2本ついてます。サーベルは右腕のシールド裏に格納されてますから、通常は左手でサーベルを扱うことになるのでしょう。ただ、ここはせっかくなので、二刀流で写真撮ってみました。ちなみに、右手はライフル用とサーベル用の2種類の指先が付属してますが、左手は指半開きの1種類しかありません。この左手にサーベルは固定できないので、この写真では、両面テープでサーベルを仮止めしています。

20050123194229.jpg

 最後に、HGUCハイザックとの比較写真です。大きさは同じような感じ。ハイザックの方はHGUCでも初期のキットで肩関節のせり出しはありませんから、ポージングに制約があります。比較して技術の進歩を感じましょう。

 長年待望のキットだけあって、その出来もなかなかのものだと思います。ただし価格がちょっと高めなので、量産には向いてない?って、まあ実物の設定みたいに高級量産機ってことかな。まあ最低2機は導入して、カクリコン&ジェリドのあの伝説の作戦「2機を1機に見せる作戦だ!」をやってみたいところですな(笑)

PS:説明書に”…劇場版「機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者」に登場する…”と入ってます。さあいよいよですよ~今年は「Z」の年ですよ!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。