なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「鉄道コレクション第7弾 南海1521系」買いました

 6月末に発売された「鉄道コレクション第7弾」の「南海1521系」をGETしました!

 久しぶりに鉄道模型ネタです。

 少々前の話になりますが、今から約1ヶ月程度前、今年の6月末に「鉄道コレクション第7弾」が発売。そのラインナップの中に、南海ファン待望の製品「南海1521系」が入っているということで、他の車両には目もくれず(笑)これだけをGETすることにしました。

 この製品、今まで通りブラインド販売ということなので、確実にGETするには、一箱10個セットをいわゆる「大人買い」するのか、開封済みのばら売り品を買うのかが現実的な方法になります。私の場合、とりあえずネット検索して見つけた開封品を通販で購入しました。発売直後でも売り切れの店が続出で、在庫のある店を探すのに苦労しましたが…

 購入した製品です。順番に見てみましょう。なお、購入後、動力ユニットを組み込んだ姿になっています。

 まずは全体像を。展示用台座付きです。車番は「1522」です。

 続いて反対側です。写真を撮った後に気づいたのですが、どうやら床下機器を左右間違えて取り付けてしまったようです… 実物の写真を元に調べてみると、床下機器の配置・並びに関してはやや異なるようで、厳密に再現したいなら並べ替え等が必要かと思います。

 正面から。拡大して見ると、緑色の塗り分けラインがシャープではありませんね。鉄道コレクションのクオリティではやむを得ないところでしょうか。

 正面を斜めからアップで。誰がどう見ても南海の車両です(笑)

 車体表記です。南海独特の書体ですね。側面に関しては塗り分けラインもシャープです。しかしこの写真の車体裾にもあるように、ホコリの塗り込みなど塗装面の乱れは見られますので、これも鉄道コレクションのクオリティから言うとやむを得ないところでしょうね。ただ、それが逆にプラス面として、旧型車両のややくたびれた印象を表現しているようにも感じます。

 床下機器や台車は、くっきりとした表現で好感が持てます。


 ということで、しつこいですが、誰がどう見ても南海の車両です。プラスチック製の完成品で発売されることがほとんど無い南海の車両で、まさか既に廃車になった1521系が模型化されることになるとは全くの予想外でした。私が購入したような開封品のばら売り販売でも、この南海1521系はどこでも高値で販売されていますし、品薄のように見えます。市場はそれだけ南海の模型を欲しているのです! 一人の南海ファンとして、各メーカーさんが南海の完成品模型を製品化するよう、願ってやみません。どうぞよろしくお願いします!!


PS:実は通販購入と平行して、運試しを兼ねて?一般店頭での未開封品を一つだけ購入してみました。その結果は… 見事「当たり」でした!! 神様がいると信じたくなりましたよ(笑) ということで、2両の並び写真です。
コメント
この記事へのコメント
おしさしぶりです。
直接関係ありませんが、阪急百貨店、阪神百貨店の鉄道模型博にいってまいりました。Nゲージをみて童心にかえりましたが、Nゲージ欲しいでも置く所無いと喚いて帰ってきました(汗)またよろしくです。
2008/08/26(火) 23:39:44 | URL | 金を受け継ぐもの  勘 #-[ 編集]
>勘さん

 ごぶさたしています。鉄道模型博行かれましたか。毎年の恒例行事になりそうで喜ばしいことなんですが、私はまだ行ったこと無いんです…(笑)

 見に行って刺激を受けて、自分の制作意欲向上に向けなあきませんね。
2008/08/28(木) 23:59:17 | URL | TGK #s6beKGts[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。