なにを書くねん?
ブログなるものを始めてみた。しかし…なにを書くねん!?ってなわけで、さすらうモデラーのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
これは、公衆の面前に出せない顔です
20041125005630.jpg

 今日は、中間連結専用の先頭車?(←先頭じゃない時点で先頭車じゃないけど…)のご紹介です。

 こんな場合通常はTNカプラーに交換して、外見の向上を図るのでしょうが、このクハ103はテールライトレンズと導光パーツの収まりの関係で、TNの取り付けが難しくなります。2両分はTNに改造したのですが、どうも連結時の強度に不安があったので、これを先頭用に転用して(昨日公開写真の先頭車)この中間車は、アーノルドにしました。もともと、ライト基盤をはずして非点灯にするつもりだったので、この2両は中間専用で表に出ることは想定していませんし。

 アーノルドだと、段差の激しいレイアウトなんかでも安心して走らせることができます。走行重視と言うことです。

 ちなみに、この模型では手を抜いて(爆)方向幕は白にしてますが、実物では中間先頭車でも先頭と同じ行き先が表示されるようです。
ヤマト発進!大和路色の完成です
20041123203735.jpg

 ハイ、大和路色103系完成しました。

 今回のはKATOの高運転台車をベースに、低運転台の先頭車に改造しました。普通は他の車輌やらパーツやらから前面を調達してきて、それを切り継いで作りますが、今回はプラ板による自作前面です。完成してみると…窓高さが思ってたよりちょっと高めになってしまいました。もう0.5mm程度低くすべきでした。
 窓下白帯塗装も失敗です。太さは太いし、JRマーク部分の切り欠き幅ももっと広くすべきでした。ちなみに完成品の機能を生かしてるので、テールライト・ヘッドライトは点灯可能です。

 これとは別に、取り替え用の先頭車として、クハ103-2550番台も作るつもりなので、その時は上記の問題点も改善したいと思います。

20041123203741.jpg

 今回の工夫した点としては、屋根と一体モールドのクーラーを別パーツに見せようと、そこにスジ彫りをしました。上の写真ではちょっと見にくいかな? そこへスミ入れもしておくと、もっと効果的なんでしょうが。
中間車、ちゅーわけです
20041214013904.jpg

20041214013915.jpg


 大和路線103系。ついに塗装も終わったので、組み立て開始。まずは中間車から。この2両は、戸袋窓埋め・パイピング追加程度の加工です。モハ102はMG用側面ルーバーを、戸袋部分に追加してます。

 先頭車は、方向幕をはめ込んだりと組み立てに手間が掛かるのでこれからの作業です。
屋根のマスキングは面倒やね~
20041119004909.jpg


 KATOの103系屋根は、ご存じのようにクーラーと一体成型。これは塗り分けせねばなりません。ので、写真のように細かくマスキング。テープ節約のために周辺部はキッチンペーパーでマスキングしています。

 面倒なマスキング作業ですが、上から見る機会がほとんどの、模型の屋根は目立つので、きっちり塗り分けしたいところです。
串カツじゃないよ~大和路色です
20041117224356.jpg


 ついに、メインコンテンツのはずの鉄道模型ネタです。

 大和路色103系8連を製作中。8両いっぺんに塗装するのは結構大変です。写真は、吹きつけ塗装してから、銀や黒の色入れ・インレタナンバー貼り付けを終えて、仕上げの半艶クリアーを吹き付けようとしているところです。

 背後に映ってるのは室内用塗装ブースで、僕はウェーブのを使ってます。このウェーブのブースは定価1万円くらいします。でも。ホームセンターとかで部品をそろえれば、充分自作できるシロモノですわ。

 いずれにせよ、このブースを導入してから平日の夜間でも塗装が出来るようになり、作業効率が格段に良くなりました。缶スプレー使用は問題外ですが、エアブラシで気圧を押さえて使用すれば室内に塗料が散乱することはまず無いと思います。

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。